カードローンネット


小遣い2万円の俺が300万円の新車を買うために始めた3つの節約

投稿者: , カテゴリー:

車は男のロマンです。車が好きな男の人って多いですよね。俺も車が大好きで、今は中古のスカイラインに乗っています。給料が少ないので、今まで中古の車ばかり買って乗っていたのですが、今欲しい新車ができました。でも、この車300万円もするんです。俺が今まで買った車の中で最高額は150万円の中古車なので、今までの車の倍の値段ということになります。でも、新車のほうがディーラーの保証はしっかりしているし、10年乗れば元が取れますよね。この300万円の新車を欲しいということを先日妻に伝えたのですが、却下されてしまいました。でも、俺は諦めきれず…2万円の小遣いを貯めて新車を買うことにしました。ここでは、俺が300万円の新車を買うために始めた3つの節約についてお話しします。

 

まず1つ目は、ランチは自前おにぎりでということです。ランチ代ってバカになりませんよね。今まで俺のランチ代は1500円~1000円でした。牛丼とか食べれば500円以内に収まっていましたが、なかなかそう上手くいく日ばかりではなく、平均して800円くらいかかっていたと思います。月に20日仕事に行くとしたら、1か月で16000円もランチに使っていることになるのです。これはバカらしいと思い、自前のおにぎりを持っていくようにしました。米は妻が夜に研いでおいてくれるので朝に炊き上がるようにタイマーをセットして起きたらおにぎりを握ります。おにぎりを持っていくようになってから外でランチをしなくなったので、月に16000円も浮きました。

 

2つ目は、会社のコーヒーを水筒に入れるということです。俺の仕事は営業で外回りがあります。今までは外回りをしていて喉が乾いたらペットボトルや缶コーヒーを買っていたのですが、これも一本120円しますよね。このお金がもったいないと思い、家から水筒を持っていき外回りに出かける前に会社のコーヒーを水筒に入れるようにしました。これを始めてから自販機で缶コーヒーを買わなくなりましたよ。かなりの節約になっています。

 

最後の3つ目は、飲みに行く回数を決めて11000円以内にするということです。俺は大のお酒好きです。だから同僚ともよく飲みに行っていました。でも、この飲みに行くのも月に何回も行くとお金が飛んで行ってしまうんですよね。そこで、俺は月に2回まで飲みに行ってもいいことにしました。そして11000円以内に収まるように激安の居酒屋に行っています。ちょうど周りの同僚もお小遣いが少なくて苦労しているやつばかりなので、みんなで節約している感じです。

 

ここでは、俺が300万円の新車を買うために始めた3つの節約についてお話ししました。俺がしている節約は、ランチ・コーヒーを持参し、飲みに行く回数を抑えるということです。これだけでもかなりの金額を新車代の貯金に回すことができていますよ。俺と同じようにお小遣いを貯めようと思っている人にはオススメの節約法です。

50万円の借金をゼロにするためにやった家庭の中の5つ債務整理

投稿者: , カテゴリー:

借金をゼロにするために家庭の中の債務整理といっても、それまでの生活を180度変えて悲壮感があってはなかなかできません。

お手軽・簡単・ちょっと楽しい、これくらいの節約ならできる!が、継続できるコツです。

(1)不要な本やブランド物を売る

家の中「断捨離」をしましょう。ゴミと使えるものをキチンと仕分けしておくことです。

特に不要な本や着なくなった・使わないブランド物は、リサイクルショップで売ってしまいます。

家の中で場所をとっていた不要な本、着なくなったのにクローゼットに収納されているブランド物の洋服などがお金に替わるのですから、惜しいと思うことはありません。

(2)フリーマーケットに出品

家の中「断捨離」をすることで、キチンと片付いた生活をすることができるようになります。また不要になったものは捨てるだけではなく、フリーマーケットに出品すれば、多少のお金にもなります。

フリーマーケットに参加するときは気のあったお友だちを誘い、みんなで持ち寄った物を出品すれば楽しい時間を持つこともできます。

(3)生命保険の見直し

契約したままの生命保険や人に頼まれて入ってしまった保険の見直しをしましょう。

現在の家庭状況にあった保険かどうか、内容はチェック。変更をしたり、解約してから後悔するようなことのないようにしなければなりません。

保険料が掛け捨ての保険でも、保障内容は充分。保険料を低く抑えることができるので助かります。

(4)電気の契約アンペアを変更

電気の契約アンペアを変更し、基本料金を下げましょう。

東京電力の場合、ホームページに「契約アンペアをチェックする」というページがありましたので、そちらを活用して現在の使用状況に応じたアンペアに契約を変更することができます。

また、簡単にできる節電が節約効果大です。冷蔵庫の上部に物をおかない&設定温度を調整する・炊飯器やポットの保温機能を使わない・温水便座の設定温度を低くする・使用してない家電はコンセントから外すなどは、「節約しています」という意識もなく、簡単にできます。

(5)携帯電話の契約の見直し

携帯会社によって、多少の違いはあると思いますが、携帯電話の契約をこまめに見直して、その時の使用状況もありますが、かなり節約になります。

窓口に出かけなくても、携帯会社の公式サイトへ携帯やパソコンでアクセスすれば、現在の契約内容をチェックできますし、変更もできます

割引サービスもドンドン変わりますから、それをしっかりチェックして自分にあった最適な契約に変更しましょう。

また「料金明細」を郵送で貰わないようすれば、割引サービスなどが受けられます。

参照サイト

東京電力http://www.tepco.co.jp/index-j.html

NTTdocomo http://www.nttdocomo.co.jp/

生命保険見直しガイド http://生命保険見直しガイド.com/

返済日に海外旅行!同じ立場の友達はセーフで遅延損害金を支払った僕の分岐点

投稿者: , カテゴリー:

以前、こんなご相談がありました。「僕と友達は、二人で長期旅行にオーストラリアに行きました。無事に旅行を終え、日本に帰ってきてびっくり。ポストには請求書、電話には金融会社からの履歴が。そうです。僕も友達もキャッシングをしていたのですが、ちょうど返済日が旅行の日程になっていたのです。そして、僕は遅延損害金を払うことになってしまいました。利率は約20%で少額だったためそれほどの損害にはなりませんでしたが、それでも履歴にはしっかりと遅延が残ってしまうこととなってしまいました。友達にも連絡を取ると、友達は大丈夫だったとのこと。では、なぜ僕と友達で同じように返済日が旅行中であったのにも関わらず、この差が出てしまったのでしょうか?」

それは、お友達は銀行口座から自動引き落としという支払い方法で、返済をしていたということです。
http://xn--lck0c6eya6bc2308ekgua.net/%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e4%ba%ba%e3%81%af%e6%90%8d%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%8b%ef%bc%81%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%80%9f%e3%82%8a%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e6%99%82/

そんなシステムがあることを知らない相談者様は、指定された金融機関の口座に毎回振込みをしていました。確かにそういったシステムがあることは思い返せば説明された気がしますと・・・。しかし、面倒なことが嫌いな相談者様は、その手続きをしませんでした。その差が、この結果を生むこととなってしまったのです。

相談者様ようなことにならないためにも、旅行、とくに海外旅行に行くときは返済日をしっかりと意識しておきましょう。返済日にかぶらなければ問題ないですが、返済日にかぶるようであれば、事前にキャッシング会社に連絡をしておけば大丈夫です。最初から遅延することが分かっている場合も同様です。キャッシングの返済日といものは、ある程度融通が利きます。毎月のように返済日を変えているようでは、信頼度も下がりますし、そもそも自分が返済日をいつにしたか忘れてしまう危険性があります。ですから、旅行などの一時的な返済日の変更の連絡をした後は、決まった日、例えば給料日の5日後月末など、分かりやすいものにしておく必要があります。せっかく、このようなサービスがあるのですから、ご自分の都合に合わせて返済日を変更しましょう。

   

合コンで彼女をGET!初デートのお金が必要ってキャッシングの理由になる?申込みに重要な3要素

投稿者: , カテゴリー:

学生でもサークルの飲み会や合コン、彼女とのデートなどでお金が必要になってくる事って多々ありますよね。アルバイトの給料が入る前なのに、彼女と初デートがある、彼女にデートを楽しんでもらいたいのにお金が足りない!そんな場合、救いの手となるのがキャッシングです。キャッシングはお金が急に必要な時でもすぐに借りることができます。そんなピンチの時に魅力的なキャッシング。キャッシングを利用する理由を伝えなくても大丈夫なのでしょうか。 高額融資の場合ならともかく、学生のキャッシングはほとんどが少額融資です。キャッシングの理由よりも重要視されることがあります。ここで、今回は初めての方でもこれだけ知っておくとキャッシングがスムーズに利用できる、キャッシングの申込みに重要な3つの要素をお教えしたいと思います。

初めに、これがないと申込みが始まらないのが身分証明書です。学生証、免許証、もしくは保険証など、身元が分かるような証明書を提示することが重要です。学生を対象としたキャッシングの場合は保険証と一緒に学生証の提示も必要になるので注意して下さい。学生証を提示することで学生ならではの低金利でキャッシングが可能なので非常に有利となっています。

重要な要素2つ目は、返済能力があるかどうかです。学生のキャッシングでもお金を借りるのですから、その人に返済できる力があるかどうか金融会社は審査しなければなりません。返済能力がなければ、どこの金融会社もお金を貸してはくれませんし、当人も考えて返済が可能である額のお金を借りなければいけません。アルバイトをしている学生はもちろん返済能力があると評価されますが、アルバイトをしておらず無職に近い学生の場合は、当人の親が代わりにちゃんと支払えるかどうか審査されます。

3つ目は、アルバイト代などの収入の有無です。先ほど述べましたが、アルバイトをしている学生はその分収入があるので、お金を貸しても返済できる可能性が高いと判断され、スムーズにキャッシング審査を通過できるでしょう。しかし、アルバイトもしておらず何の収入もない学生は、しっかり返済できるかどうかは分かりません。会社との信用性が低くなります。もし返済ができなくなった時、当人の親が代わりに返済できるかどうかという、親と当人の関係性も審査対象の1つとなります。

このように、キャッシングを利用する為には3つの重要なポイントがあります。 インターネットで申込みをする場合でもこの3要素は必要ですし、キャッシングの細かい理由は必要なしと思っている方は勘違いをされています。お金を借りるということが重大な責任を持たなければならない行動だとということ、お金を借りる際はしっかり自分が返済できるお金を借りるということを注意してキャッシングを利用することをお勧めします。

卒業旅行代を借りるなら、学生ローンとトラベルローンどっちがお得?

投稿者: , カテゴリー:

学校を卒業した記念に、お友達と国内、または海外へ旅行に出かけることがすごく楽しみ!という学生さんは多いのではないのでしょうか。

私も大学の卒業旅行で何人かの友人とグアムへ3日間、旅行に出かけました。 卒業式の準備や卒業パーティー用ドレスの調達でお金に余裕がなかった私は、旅行会社のトラベルローンを利用して卒業旅行に出かけました。 しかし、一緒に旅行に行った友人の中には、トラベルローンではなく、学生ローンを利用したという友人もいたので気になったのですが、卒業旅行のお金を借りるなら学生ローンorトラベルローン、どちらが私たち、学生にとってお得になるのでしょうか?

この2つを比較するためにもそれぞれのローンの仕組みを知っておかなければなりません。

学生ローンは、学生専用のローンなので収入がなくても低利息で50万円までのお金を借りることができます。学生証や免許証を提示するだけでOKです。返済方法は1ヶ月に1度、決めた限度額を返す方法が基本です。これを借入額スライドリボルビング式と言います。例えば、10万円以下借りた場合、月に2550円以上、30万円以上40円未満の場合、月に10,200円以上を返済する、借りるお金の額によって毎月の返済額が変わってきます。このような返済ですと計画的に返済することができて安心です。また、担保や連帯保証人も必要ないので親に見つかってしまうこともありません。

では次に、トラベルローンとはどのようなローンでしょうか。トラベルローンはその名の通り、旅行を対象とした、目的がはっきりしているローンです。トラベルローンの利点は、クレジットカードがない人でも旅行代金を分割で支払うことができるという点です。学生にとっては、学生優遇金利というものがあり、低金利で、最大36回の分割払いができます。ほとんどのトラベルローンが旅行会社と提携しているので旅行手続きの際にスムーズにローンが組めますし、特典がついてくる場合もあります。 旅行から帰ってきた後でラクラク返済できるので今すぐ旅行に行きたい!お金が用意できない!という方にはトラベルローンはお勧めですし、目的がはっきりしているローンなので基本は無担保です。

卒業旅行の代金を借りたい、とお金を借りる目的が「旅行」とはっきりしているならば、トラベルローンを利用した方が良いでしょう。旅行に必要なだけのお金を借りて、返済できる分だけ、余分なお金は借りないようにするのがローンを組むコツです。卒業旅行が楽しくてもその後の返済で頭を悩ませてしまうとせっかくの旅行が台無しになってしまいます。 卒業旅行で足りないお金は、旅行会社と相談してトラベルローンを利用して下さいね。

« 前のページ  »